HOME > カバノアナタケ茶(チャガ)

カバノアナタケ茶 煮出し用セット

純国産!カバノアナタケ茶(当店限定商品)。 北海道(原産地)産地直送! カバノアナタケ、チャーガ茶の効果、成 分(βグルカンほか)、作り方、副作用の有無や歴史を詳細解説。

チャガ実物写真

自然乾燥後、顆粒状に加工したものをティーバッグに入れています(成分が濃い「菌核(黒色)」含む)。 見た目は インスタントコーヒー似

チャガ実物写真

カバノアナタケについて

名前は上部に開いている穴(上写真)に由来。 白樺やダケカンバに自生するキノコで樹液を吸収してコブのように成長 します。 見た目はあまり良くはありません〜樹木にとっては病気です。
※ロシア名:チャガ・チャーガ

カバノアナタケ画像
黒い突起部:カバノアナタケ ※当店撮影

別名チャーガはロシア語で、ロシアのノーベル賞作家ソルジェニツィン氏のある村での体験小説に登場するカバノアナタケ茶の重大疾患や老化の効果に世 界の研究者が注目、研究検証され有名になりました。

成長に長い年月を要し、白樺の一部にしか自生しない貴重なキノコです。また、白樺の樹液は透明で健康飲料としても販売さ れています。

カバノアナタケ茶 煮出し用ティーバッグ

  • 採取地:北海道東部・網走市(知床より車で1時間)
  • 人工成分は一切入っていない天然100%です。
  • 充分に自然乾燥させた顆粒+粉末状です。 煮出し中に出ないよう2重ティーバッグ入り。
  • 飲み心地はウーロン茶に似たクセのない飲みやすさ。濃い煮出しでは多少の苦味と木質の後味を感じます。
  • 飲む量については明確な規定はありません〜常識の範囲内でご愛飲ください。
  • 作れる量:1包、濃い煮出しで、1.5リットル以上。
  • 水道水、天然水、烏龍茶などで多少薄めてください。

ティーバッグ入りだから手が汚れない〜簡単!すぐに出来上がり♪ ペットボトル ホームサイズ1.5L〜濃い煮出しで10本分!(10包)

カバノアナタケ茶
カバノアナタケ実物写真(左上・当店撮影)
両手で抱えるほどのサイズの時もあります。

カバノアナタケ茶(包装)
内容量:約70g(湿度により変動します)
数量:7g×10袋(2重ティーバッグ入り)
密封チャック付袋(表:紙|内:アルミ)
原産国:日本(北海道・東部)
2021年5月採取 北海道網走市近郊
メーカー:アロマグローブ(当店)

カバノアナタケ茶 ※当店限定商品
煮出用ティーバッグ10包入(内容量70g)

数量変更:数字をタップ(カゴ内でも出来ます)

配送方法

カバノアナタケ茶(2セット)

カバノアナタケ茶 ※当店限定商品
煮出用ティーバッグ10包入×2(内容量140g)
通常価格:5,560円のところ

数量変更:数字をタップ(カゴ内でも出来ます)

配送方法

持病をお持ちの方への影響、病名に対する効能・効果などの質問につきましては薬事法上の規制によりご解答はできませんので予めご了承くださ い。

お支払方法

  • 個別番号から配送追跡できます。(すべての配送)
  • 代金引換は5,000円以上からご利用可。(送料・手数料:無料、配達日時指定○)
  • レターパックプラス(500円)とレターパックライト(メール便350円)は配達日時指定ができません。

カバノアナタケ茶の飲み方(濃厚煮出)

カバノアナタケ茶の作り方
注:衛生上、煮立たせて煮沸させてください。

  • 作れる目安:ティーバッグ1包、コーヒー色の濃い煮出し方で1.5リットル以上。
  • ナベ・やかん等に水1リットルとカバノアナタケティーパック1個(7g)を入れて中火で煮出します。
  • コーヒー色になったら出来上がり。 水1リットルで数回、煮出しが出来ます。
  • 使用途中のティーバッグは冷凍保存、色が出なくなったらお捨てください。
  • 煮出し時間、濃さにより作れる量は変わりますので予めご了承ください。
  • 濃厚煮出しをして冷蔵庫保存、水道水・天然水・烏龍茶などで都度薄める方法がおすすめです。
  • 飲み方(量)につきましては明確な規定はなく、常識の範囲でご愛飲ください。

カバノアナタケ茶・完成
紅茶に似た色合い、ほぼ無味無臭ですが少量のウーロン茶など入れるだけで飲みやすくなります。

カバノアナタケ茶の効果、効能、成分

カバノアナタケ拡大図

カバノアナタケ(チャガ)茶が「体にいいお茶」と言われる理由は抗酸化酸素(SOD)含有量が挙げられます。
過去にブームになったキノコ「アガリスク」の20倍以上あると言われています。 抗酸化酸素の働きは活性酸素を分解することで細胞の酸化を防ぎます。

このほかベガリン酸やポリフェノールなど活性化合物も含まれ、天然物質の中では最高レベルの抗酸化物質を含有、強い抗酸化効果を発揮してくれます。

活性酸素と抗酸化物質の関係

活性酸素は普段から体内にもあるものですが増えすぎると体内を酸化させ老化や病気の原因にもなります。
抗酸化酸素は普段、体内でも作られ、お互いのバランスを整えていますが年令と共に作る量が衰えバランスが崩れてきます。 また、タバコやストレスも抗酸化 酸素の生産にはマイナスに作用します。

カバノアナタケ茶の主成分

食物繊維(ベータカロチン・水溶性リグニン)・糖質(ベータ-D-グルカン)・ビタミン(A・B・D2)・フラボノイド・サ ポニン ・イノシトール・たんぱく質、ベツリン酸などあり、このほか200種を超える植物性栄養素が含まれ、カバノアナタケが薬用キノコと称される由 縁です。

※※以上は一般的に言われている成分であり、当店のカバノアナタケの検査結果ではありません。

カバノアナタケの成分詳細

ブドウ糖の一種「βグルカン(ベータ-D-グルカン)」が多く含まれており、体内免疫を強化する働きがあります。※βグルガンの呼称もあるようで す。

  • ベツリン酸
    体内の炎症を緩和、抑制する効果があります。 カバノアナタケは樹皮から「ベツリン」を吸収して「ベツリン酸」に変換しています。 低pHのベツリン酸を 含む唯一のキ ノコと言われ、同じ低pHの構造体である悪細胞○○を直接標的にできると言われ、すでに臨床医学的にも証明されているようです。
  • トリテルペン
    肝臓を解毒し、悪細胞の増殖を抑える効果。
  • 多糖類
    免疫システム強化の効果があり、感染症に有効。
  • メラニン
    肌や髪の状態を改善する効果。
  • ビタミンB群
    カバノアナタケはビタミンB群の天然の供給源とも言われています。

β−グルカン(β-glucan)詳細

多糖類のひとつで、ブドウ糖(グルコース)のみが化学的結合したものです。(多糖=ブドウ糖や果糖などの最小単位の単糖が多数結びついたもの)

ブドウ糖(グルコース):αとβの2種類(αグルコース多糖類を「α−グルカン」、βグルコース多糖類を「β−グルカン」と呼称)。 β−グルカン は結合形態に種類があり自然界には様々なものが存在します。

α−グルカン含有食品にはデンプンやグリコーゲンなどがあり、消化系酵素の働きによりブドウ糖や麦芽糖などに分解されます。※β−グルカンは分解さ れません。

β−グルカン含有食品にはキノコ(カバノアナタケ・アガリクス・シイタケ・マイタケ・霊芝)、パン酵母、大麦、一部の海草などがあります。

※上記内容は国内外の文献等を参考にしています。カバノアナタケ自生地の気候、採取時期、生育年数などにより異なることが予 想され、成分構成を保証するものではありませんのでご了承ください。

カバノアナタケの歴史と注意事項

ロシア人Solgenitzin、ソルジェニツィン氏(2008年没、89才)はノーベル賞作家であり、実は医者や学者ではありません。 1967 年の小説「がん病棟」の中にチャガ(カバノアナタケ)が登場したことがきっかけです。

それは主人公がロシアの民間療法で治癒したと言う内容ですが、また彼自身もその病気で治癒した経験を持つ「自叙伝的な小説」とも言われています。

これに興味を持った欧米専門家のあいだでカバノアナタケ研究が進み、成分と効能がのちに実証される事となりました。 1955年にはモスクワ医学ア カデミーによって○○治療で承認されています。

カバノアナタケ茶の副作用は?

過去に報道された「アガリスク」のように健康被害や毒性の報告は、これまでのところありません。
白樺の透明な樹液はミネラルウォーターとしても販売されており「白樺」自体に毒性はありません。

カバノアナタケ茶の注意事項

カバノアナタケ茶の『ご本人の持病、具体的病名に対する効果』につきましては、薬事法上の規定により当店が具体的にお答えす る事ができません・・・専門医にご相談ください。 上記、カバノアナタケの情報は国内および海外の情報を当店が要約したものです。

当店よりカバノアナタケ所感

世界中の様々な文献によると、カバノアナタケは特定の病だけではなく様々な健康上の効果も確認されていますが、ある病気の完 治は出来ないとしても「悪化を抑制し副作用の軽減、病の予防に効果がある、副作用がない」というのが今日の共通見解のようです。

メディアや書籍等において具体的な病名をあげて効能など紹介されておりますが薬事法上の制約があり、具体的な病名に対しての効能説明、表現は控えさ せていただきました。 様々な情報がありますが、お客様のご判断と責任において御使用いただけますようお願い申し上げます。
カバノアナタケは医薬品ではありませんので持病をお持ちの方は専門医とご相談の上、カバノアナタケ茶をご愛飲頂けましたら幸いです。

HOME