HOME > アロマテラピー解説集(メイン)

アロマテラピー(Aromatherapy)とは

アロマテラピーの多彩な楽しみ方から花言葉まで
楽しい「お役立ち情報のメインページ」です。

アロマテラピーとアロマセラピーは同意語で英・仏の違いです。aromaアロマは芳香、therapyテラピーは療法の意 味。おもにハーブ抽出オイル(精油・エッセンシャルオイル)を利用します。

おすすめ商品

ハーブ抽出オイルの 用途は広く、芳香浴からマッサージなどのスキンケア、入浴、アロマキャンドル、お香と多彩です。ハーブ植物を利用したハーブティーや料理、ハーブ栽培もア ロ マテラピーの楽しみ方の一つです。

アロマ関連コンテンツ一覧(サイト内)

アロマオイルの効能と使い方レシピ

手作りアロマの作り方

気分に合わせた香り

ハーブの種類と楽しみ方

花言葉・人気投票ほか

アロマテラピーの効果と歴史

医薬品の多くは自然から発見されたもので植物の花・葉・実・樹皮・根から採れた抽出液に含まれる薬効成分を利用しています。 その中で特定の方法で抽出されたものをエッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)と呼びます。

エッセンシャルオイルの効果

アロマオイルの成分によって体をコントロールしている脳を刺激したり、素肌から浸透させたりするもので「自然治癒力」を呼び 起こします。

リラックス、鎮静効果が知られていますが、ほか空気清浄や抗菌、抗炎や消毒・殺菌効果、虫除けや防虫効果、気分を高める催淫 効果や集中力を高める効果、うつ気分緩和やホルモンバランス改善効果、お肌の収れん、シミ・しわの美容効果など、身近な化粧品や塗り薬、蚊取り線香もアロ マテラピー効果を利用したものです。

日本では趣味的イメージでしたが、テレビで認知症の改善が注目されたり、 高い美容効果でローズヒップオイルブームが起きたり、月桃の老化肌効果などの放送などもありアロマテラピーが日本でも知る人が増えました。

エッセンシャルオイル、精油とは?

エッセンシャルオイルはアロマテラピーの基本となる精油でハーブなどから抽出される純天然100%植物油です。 化粧品や医 薬品などにも巾広く利用、研究されています。

精油は和名でアロマの本場、欧米ではエッセンシャルオイルと呼ばれています。 アロマオイルは日本での俗称です。

エッセンシャルオイル・精油の抽出法

エッセンシャルオイルの抽出法は主に3種類。

  • 蒸気蒸留法=エッセンシャルオイルの90%は蒸留法です。主にハーブを蒸して水蒸気から分離した油分。
    英名:Otto(オットー)、Steam distilled
  • 圧搾法=フルーツの皮をしぼった液体から取り出し(無農薬)。英名:Cold pressedコールドプレスト
  • 溶剤抽出法=溶剤を使用して抽出します(樹木系に多い)。溶剤:アルコールや揮発性溶剤。英名: Absolute(アブソリュート)※略称Abs

ほか超臨界抽出法やCO2抽出法などがあります。 抽出量は植物で異なりますがローズは10mlで40kgものバラが必要な 高級精油です。

エッセンシャルオイル用語 ノートとは?

精油の香りの強さと持続力の違いを「ノート」と呼びます。 トップノート、ミドルノート、ベースノートの3種類があります。  エッセンシャルオイルのブレンドにも利用されており、ブレンド割合は配合順に「ベースノート1:ミドルノート2:トップノート2」 ※香りはデリケート で複数にまたがる種類もあるため曖昧な場合あり。
詳細は「手作り香水」参照(上)

オーガニック アロマとは?

有機農法により育てられた植物から抽出されたエッセンシャルオイルで公式認定機関の認証が必要となります。 植物本来のやさ しい香りが特徴で特にスキンケアにおすすめです。

表示基準適合認定精油とは?

公営社団法人AEAJの基準を満たした情報が記載されている精油で信頼の目安となります。

アロマテラピーの歴史

歴史イメージ
エッセンシャルオイルは古代エジプト時代から医療・化粧品ほかミイラの防腐剤にシダーウッドやミルラを利用した歴史があり、クレオパトラが入浴や香水に使 い薔薇を愛した話は有名です。 アロマテラピーが文化として根付いている国はフランスやイギリス、オーストラリアなど。

アロマテラピーの起源は古代エジプトやアメリカ大陸などで宗教的な儀式として始まりました。 1928年頃、療法の観点から 興味を持ったフランス人研究者が自らの火傷治療にラベンダー精油を使って治癒した経験にはじまり、近代アロマテラピーの基礎が確立されたと言われていま す。

アロマテラピーは異国文化のように感じますが、実は昔から日本でも身近な生活の中にありました。 家庭薬の「塗り薬のメン ターム、キンカン、サロンパス」などはハーブが原料でアロマテラピーの延長線上にあります。

食用では「シソ・ハッカ・にら・みょうが・わさび・にんにく・しょうが・とうがらし・クレソ ン・セロリ・ミツバ」なども実はハーブの仲間です。 また、ヒノキ風呂など「樹木の香り」に古くから愛着のある日本の文化も立派なアロマテラピーと言えま す。

アロマオイルの選び方

エッセンシャルオイルの種類はとても多く、香りも複雑で多彩ですが香りの傾向で分類できます。

  • オレンジやレモンなどのフルーツ・柑橘系
  • バラやゼラニウムなどのお花・フローラル系
  • ヒノキやパインなどの樹木・ウッディ系
  • ラベンダーやカモミールなどのハーブ系
  • サンダルウッド・イランイランなどのエキゾチック系
  • ブラックペッパーなどのスパイシー系

お花のローズ・ゼラニウム・ラベンダー 、果物のオレンジ・ レモン、樹木のヒノキ・杉、食用のバジル・セージ、ガム、塗り薬のメンターム・眠気覚ましスティックなど日本でも身近なところにアロマがあります。

はじめは知っている香りを選ぶ

アロマがはじめての方は好きな香りから始める事をおすすめします。 慣れてきたらブレンドしてみると貴方だけの新しい 香りが見つかります♪

  • フローラル系・・・ローズ・ゼラニウム・ベルガモット・ローズゼラニウム・ジャスミン
  • ハーブ系・・・ラベンダー・カモミール・クラリセージ・セージ・マジョラム・フランキンセンス・ローズウッド
  • ミント・メンソール系・・・ペパーミント・ティートリー・ユーカリ・月桃(げっとう)・ローズマリー
  • ウッディ系・・・ヒノキ・パイン
  • 柑橘系(フルーツ)・・・オレンジ・グレープフルーツ・レモン・ライム・レモングラス・タンジェリン・マンダリン・ユズ

好きな香り人気投票結果

当店集計1000名の香りランキング・ベスト10

  • 1.ラベンダー
  • 2.ローズ
  • 3.柑橘系全般
  • 4.レモン
  • 5.サンダルウッド
  • 6.オレンジ
  • 7.ペパーミント
  • 8.バニラ
  • 9.グレープフルーツ
  • 10.森の香り(ひのき、パインなど)

エッセンシャルオイルの見分け方

ラベル名称「EssentialOils」が世界共通で更に100%やpure/天然があれば信頼できます。 国内メー カーは原産国・抽出法・植物名など表示。

名称がフレグランスオイル、ポプリオイル、アロマオイルはエッセンシャルオイルではありません。※日本ではアロマオイルが定 着しているため当サイトでは併用掲載しています。

量販店に多い、安価なものは人工香料でエッセンシャルオイルの植物本来の香りとは異なります。「精油」とは、日本の和名です が、あまり普及していません。

アロマの利用例

アロマテラピーは芳香浴、アロマキャンドル、お香のほか、スキンケア、石けん、マッサージ、香水、ヘアケアなど幅広く利 用されています。

アロマディフューザー

アロマオイルを熱や超音波よって効率的に拡散したり、簡素に自然拡散させるものもあります。間接照明になったり、ロマンチッ クなキャンドルやクールなデザインの超音波式など、お部屋のインテリア にもなります。

アロマキャンドル

キャンドルの炎によって溶けたロウに含まれるアロマオイルが揮発して香りが広がります。キャンドルのあたたかい自然の灯りは 心がなごみリラックスします。

お香(インセンス)

お香に練りこまれたアロマオイルが、お香の煙と共に香りが広がります。香りの即効性が高く、スティックタイプは長時間、コー ンタイプは短時間で広がります。

アロママッサージオイル

マッサージをしながらお肌に成分と効能を取り込むことができます。配合されているアロマオイルには疲労回復、美肌効果 など様々あり、自然本来の香りは男性も抵抗なくご利用できます。

入浴剤&ヘアケア

入浴は香りと成分を全身で取り込むことができます。オーガニックアロマオイル配合の入浴剤やヘアシャンプーリンス、バスソル トなど優雅なバスタイムを楽しむことができます。

アロマスプレー

すぐに香りが広がり即効性の高い方法です。ふいの来客やお出かけ前にシューッとひと吹きするだけ♪花粉症対策などのマスクの 香り付けやオーデコロンや消臭除菌 にも利用されています。

アロマ石けん

体を洗いながら、お鼻とお肌から「香りと成分」を吸収できる方法です。アロマテラピーのパワーを毎日の入浴で体感できます♪ 効能別アロマオイル配合の純天然 無添加石鹸やマルセイユ石けんなどあります。

アロマテラピー検定

挿絵
アロマテラピー検定は社団法人:日本アロマ環境協会認定の民間資格で、その歴史は比較的浅く、国家試験や都道府県認定試験と違って学歴や経験年数・年齢は 問いません。誰でも気軽に受験できる検定試験です♪

アロマ検定試験日と場所

アロマテラピー検定試験日※詳細は公式サイトへ
年2回、5月と11月です。アロマテラピー検定1級と2級があり、1級からの挑戦も可能です。

アロマテラピー検定の試験会場
全国主要都市27ヶ所(受験料は6,300円)※料金は変更の場合あり

アロマ検定の特徴と難易度

試験時間はアロマ検定2級が50分、アロマ検定1級が70分。出題数はアロマ検定2級が38問、アロマ検定 1級が48問(マークシート・解答選択式)。

香りの嗅ぎ分け実技問題がありますので実際に香りを嗅いで種類を当てる練習が必要があります。ほかアロマセラピーの歴史や各 精油の特徴・利用方法・注意事項・関係法令などが出題されます。合格率80〜90%なので頑張れば受かります♪

アロマテラピー検定・受験対策

独学(問題集)、通信教育、アロマスクールなど。詳しい内容は下記サイトが参考になります。

【概要】アロマテラピー検定のほかアロマテラピーアドバイザー・インストラクター・アロマセラピストの資格認定も行っていま す。1996年設立、アロマテ ラピーの健全な普及と発展を目指した非営利団体の協会です。アロマテラピー資格検定の運営、地域イベントの企画、精油の基礎情報・会員情報の提供など

HOME