HOME > アロマ・マッサージオイル へ

アロママッサージオイルの使い方

バリ島ボディケア

アロママッサージは心身の疲労を和らげ血行を促進し、アロマオイルが全身に直接作用しますので美容、呼吸器系にも効 果を発揮します。

オイルマッサージは入浴後の体が温まっている時が、肌に吸収しやすく効果的。注:直後の就寝は油分がシーツ に付く場合があります。

マッサージオイルはキャリアオイル(植物油)がベースです。アロマオイルは成分が強いので必ず薄めます(マッサージ オイルの作り方参照)。

オイルマッサージ

オイルマッサージのやり方はオイルを直接お肌に垂らさず、手のひらで伸ばしてから身体の末端から上へ、丁寧にス ローペースが基本。

始まりはソフトタッチに、肩こりや筋肉疲労部分は徐々に力を加え、強弱を組み合わせてマッサージ〜仕上 げは力を抜いてソフトに終わります。

「体調の悪い時は止めましょう」
発熱、吐き気、体の痛みや重大疾患を抱えている場合は医師の診断を仰いでください。 妊娠中の方や乳幼児も避けてください。

お部屋の芳香器

マッサージの方法(足ほか部位別)

足のマッサージ

足のマッサージ-1
  1. 床に腰を下ろし、左足を右太もも上に置く。
  2. 右手を足の裏に、左手を足の甲にあてる。
  3. 右手で上方向へさすりながら、左手で下方向の足の指先までさする。
  4. これらを1回の連続した動きでマッサージ。
足のマッサージ-2
  1. 太ももの上から足を突き出すようにします。
  2. 親指を使って「かかと」の内側を足の甲から足首までマッサージ。
  3. 円を描く動きと止めて圧力をかける方法を使い、足首の後ろの腱に沿って上方向に圧迫。
足のマッサージ-3
  1. 足を太ももの上に置いて手前に引き寄せる。左手、または両手で円を描くようにしながら足の裏をマッサージ。
  2. 親指で小さく深く押し込む動きで足の指1本ずつに向かって、まっすぐマッサージ。
足のマッサージ-4

  1. 左手の親指を「芋虫」のように動かして足の甲の付け根から足の親指の付け根まで、すぐ下の骨のカーブに沿ってマッ サージ。
  2. 骨そのものに沿って、この動きを繰り返す。
足のマッサージ-5
  1. ヒザ下を両手で包むように下から上方向へマッサージ。
  2. ヒザの裏側とリンパの集まるヒザ裏をやさしく撫で、太ももをその上に向かってマッサージ。最後にリンパの集まる付け根部分を軽く指圧。
足のマッサージ-6
  1. 真ん中の土踏まずから足先に向かって、手の親指で押すようにして両手で揉みほぐす。
足のマッサージ-7
  1. 足首付近からふくらはぎに向かって、両手でつかむようにしながら両手で揉みほぐす。
足のマッサージ-8
  1. 足首から膝の方向に強めにさすり上げ、次にやわらかいタッチで足の甲まで戻る。
足のマッサージ-9
  1. 両手で足首から膝まで強めにさすり上げる。
  2. そのまま、力を抜いて足首まで戻る。
  3. 膝の上を手で包み、円を描くようにさする。
  4. 膝から股方向へ、太ももをさすり上げる。
  5. 力を抜きながらソフトタッチで膝まで戻る。
  6. 足首の裏側から股下の裏側へとソフトなタッチでさすり上げる。

足ツボの効果

足のつぼ30箇所以上の中で主な足ツボを抜粋しました。足には神経終末が多く集まっています。

足裏ツボ図解
  1. 咽頭(いんとう)
  2. 甲状腺
  3. 肝臓
  4. 心臓
  5. 腎臓(じんぞう)
  6. 膀胱(ぼうこう)
  7. 腰(下部)
  8. 坐骨神経(ざこつ)
  9. リンパ腺
  10. 前立腺
  11. 陰茎&子宮
  12. 湧泉(ゆうせん)・・・土踏まずの真ん中。不眠症・冷え性・高血圧
  13. 太衝(たいしょう)・・・足の表側の親指と人差指の間から少し下のところ。ウツ
  14. いちゅう・・・ひざの裏側の横じわがある部分の真ん中。足腰のだるさ
  15. あしのさんり・・・ひざの下の少し外側。吐き気、下痢・ウツ
  16. ふくりゅう・・・内側のくるぶしの上で少し裏よりの部分。冷え性・月経不順
  17. さんいんこう・・・内側のくるぶしの上で23に近い部分の内側。腰痛・月経痛

マッサージ前の入浴

マッサージオイルの使い方(肩)

日々蓄積した肩の疲労や肩こりは肩のマッサージによる血行促進とツボ刺激で改善しましょう♪

オイルマッサージ画像

肩もみマッサージは筋肉をほぐして、リンパの流れを改善、血行促進や肩こりの緩和が期待できます。首周りは 大切な神経が集まっていますのでソフトタッチで行いましょう。

  1. 肩先から首の付け根、耳下までへ、やさしくマッサージします。
  2. 痛みや違和感のある部分は少し揉んで筋肉を解きほぐしてください。
  3. 肩もみは力を入れがちですが、逆効果になる場合もあり適度な力加減を心がけましょう。
  4. 首筋や背骨など神経の集まる部分は力を入れ過ぎないように注意してください。素人の整体師の真似事は危険!

肩まわりの主な「つぼ」と「効果」

肩のつぼ図解
  1. てんちゅう・・・耳のうしろ下のにある首の両外側のくぼみ。肩こり、鼻詰まり、月経不順、集中力アップ
  2. ふうち・・・首の後ろ下の中央に近い両くぼみ。頭痛、肩こり、月経不順、疲れ目
  3. だいつい・・・首のうしろ、付け根部分の骨の突起の下。肩こり、抜け毛、下痢、風邪
  4. けんせい・・・両肩の端と首とのあいだの真ん中。肩こり、頭痛、疲れ

マッサージオイルの使い方(おなか)

オイルマッサージ方法
  1. 手のひらを密着させ、時計回りにゆっくり円を描きながらマッサージします。
  2. 時計回りに指3本で小さな螺旋(らせん)を描きながらマッサージします。

マッサージオイルの使い方(手・腕)

オイルマッサージ方法step3
  1. 片方の手のひらを上に向けます。
  2. 親指で小さく円を描くようにして、手のひら全体をマッサージします。
  3. 次に静止したまま圧力をかけて下さい。
オイルマッサージ方法step4
  1. 手首からひじに向かって、片手で包み込むようにマッサージします。
  2. ひじ、内側のリンパの集まる部分は、やさしく円を描くようにマッサージします。
オイルマッサージ方法step5
  1. ひじ上から肩にかけて上へ〜とマッサージ。
オイルマッサージ方法step6
  1. リンパの集まる「わきの下」を手のひらで密着させて、なでるようにマッサージします。

マッサージオイルの使い方(背中・お尻)

オイルマッサージ方法step7
面積が広いので大きい動作で行い、姿勢はうつ伏せがベターですが、お一人の場合は立っ た状態で行い、背骨は省略しましょう。パートナーに行ってもらうとスキン シップも楽しめます♪

  1. おしりの上部の背骨の外側に親指を当て、両手を外側へ広げます。
  2. 両手の親指を起点に背骨に沿って首筋へとまっすぐ、やさしくマッサージしてください。
  3. 首筋から両肩をやさしく、もみほぐしながら両肩の端までマッサージします。
  4. 両肩から最初の場所(お尻上部)へ戻って行きます。「T」の字の形で手のひらを密着させながらマッサージを 繰り返します。または、対角線上に元の場所(お尻上部)へと戻ります。

オイルマッサージ方法step8
上のマッサージと一連の動作でもできます『下から上へが基本』おしりの形を整え ヒップアップが期待できます。

  1. お尻の上部から外側を包み込むように内側へと円を描きます。
  2. お尻の下からはヒップのお肉を持ち上げるように上へとマッサージします。

マッサージオイルの使い方(顔)

フェイシャルマッサージは問題ない場合もありますがデリケートで目立つ部分ですのでホホバオイル やローズ ヒップオイルなどのキャリアオイルで薄めることをおすすめします。
お肌の弱い方はバッチテスト※を行ってください。※目立たない箇所に試し塗り

ホホバオイルなどのキャリアオイルはお近くのドラッグストアにもあります。

お顔はシミ、シワ、ソバカスなど特に気になる部分です。おでこや口元から目元、首筋にかけて丁寧にマッサー ジしましょう♪

顔マッサージ1顔マッサージ2
  1. まず、洗顔と手洗いをしてお肌と手を清潔にします。
  2. マッサージオイルを手のひらに取り、お顔全体にのばします。マッサージオイルは付け過ぎず、目に入らないように注意してください。 (左画像)
  3. おでこの中心から生え際、両サイドへ。口元から頬(ほお)、目元、そして両耳側へと内から外へと円を描くようにマッサージして首元(耳下) にもどります。たるみがちな顔の皮膚を上へ押し上げながら外方向へ流れていく形になります。(右画像)
顔マッサージ3顔マッサージ4
  1. 目元と眉の周辺は、ソフトに撫でながらコメカミを軽く押さえます。(左画像)
  2. 鼻の付け根から小鼻、口の周囲をソフトに撫でます。(右画像)
  3. マッサージオイルは基本的には拭き取る必要はありませんが、テカリが気になる場合はコットンなどで軽くおさえてください。

マッサージオイルの作り方

あなたの目的に合ったアロマオイルとキャリアオイルでオリジナルマッサージオイルを作ってみましょう♪ キャリアオ イルに対してアロマオイルは2%程度。最初から多くは作らずに30mlくらいから始めてみましょう♪

使用量は全身マッサージで1回あたり10〜20ml程度ですので、30mlで2〜3回分となります。

キャリ アオイルについて・・・マッサージオイルの主要成分はホホバオイルやローズヒップなどのキャリアオイルです(アロマオイルはごく少量)。キャリアオイ ルは分子が小さくて皮膚の浸 透性が高く、お肌に直接使用できます。

【注意】アロマオイル(精油)は原液を直接お肌に利用できませんので絶対にお止めください。

挿絵

マッサージオイル30mlの場合

アロマオイルの「量の計り方」・・・通常、ビンの口にドロッパー(点滴)があり、「ポタリ〜」と1滴ずつ落ちるよう になっています。
1滴0.05ml前後。30mlのマッサージオイルの場合、アロマオイル10滴前後です。

マッサージオイル保管方法

直射日光は厳禁!(変質劣化が早まる)。遮光瓶に入れて冷暗所に保管してください。
※遮光瓶とは日光を遮断する特殊加工されたビンです。

マッサージに使うアロマオイルの選び方

アロマオイルの中にはマッサージに、おすすめ出来ない種類もあります。溶剤抽出法によるアロマオイルは薬品が多少 残留する場合があります。※ 溶剤抽出法=Abs/アブソリュート

蒸留法と圧搾法は一部を除いて問題ありません。圧搾法が多い柑橘系の一部には※光毒性がありますが、個人差がありま す。 ※光毒性=直射日光にあたると皮膚に炎症を起こす事

※ 光毒性注意のオイルはマッサージ後、4時間ほど直射日光に当たらないでください。

【注意】 妊娠中の方や乳幼児のほか体調のすぐれない方はアロママッサージを避けてください。(ぜん息や発熱、吐き 気など)

美容効果のアロマオイル

美容のためのマッサージオイル

アロママッサージはアロマオイルの有効成分の働き、効能を利用するとスキンケアに効果的です。

お肌 引き締め効果

グレープフルーツ、サイプレス、サンダルウッド(白檀)、シダーウッド、ジュニパー、ゼラニウム、パチュリー、ペ パーミント、マジョラム、ライム、ローズ、ローズマリー、セージ。※シワに効果:月桃、フランキンセンス(乳香)

お肌 やわらか効果

お肌のうるおいに効果:サイプレス、フランキンセンス(乳香)、マジョラム、ローズ、ローズウッド、ローズ・ゼ ラニウム。ほか、サンダルウッド(白檀)、シダーウッド、ゼラニウム、マンダリン

お肌 新陳代謝効果

イランイラン、クラリセージ、ゼラニウム、パチュリー、バジル、フランキンセンス(乳香)、マンダリン、マジョラ ム、ラベンダー、パイン、パルマローザ、レモン、ベチバー、ミルラ、シナモン・バーク、ジンジャー。※ニキビに効果:レモン、ベチバー、ミルラ。ソバカス に効果:レモン。イボに効果:シナモン・バーク

疲労回復効果

特にユーカリ、ラベンダー、ティートリー、レモン、月桃(げっとう)、ミルラ、シナモン・バーク。そのほかイランイ ラン、クラリセージ、グレープフルーツ、サイプレス、サンダルウッド (白檀)、ゼラニウム、バジル、シダーウッド、ベルガモット、ペパーミント、レモングラス、ローズウッド、パチュリー、ジュニパー。※抗菌に効果:ティー トリー、レモン、ミルラ。解毒に効果:ティートリー、パチュリー、ジュニパー

過去の火災報道について

2008年のことですが、エステサロンなどで発火事故の報道がありました。洗濯物を乾燥機に入れて乾かしている時に 発火する事例でした。
原因はタオルに残っていた油分の酸化熱による自然発火とされ、女性に人気の高い美容系オイルに多かったようです。

アロマオイルが染みこんだ〜との記事と記憶しておりますが、原液が大量に〜は考えにくく、マッサージオイルではない かと思われます。
一般家庭の火災(数件)は詳細不明。念の為、マッサージオイルが染み込んだタオルは乾燥機等は使わず自然乾燥を心がけてください。

HOME