HOME > アロマセ ラピー解説

ハーブの育て方

ハーブの育て方はとても簡単♪ ハーブの栽培の中でもミント栽培は失敗することはありません。 ミントは生命力 がとても強く、どなたでも育てやすいハーブです。 ハーブはイギリスをはじめヨーロッパでは古くから親しまれている身近な植物です。

郊外には個人のハーブ栽培園がたくさんあります。 お庭で栽培したハーブを収穫して新鮮なハーブ料理やハーブティーなど 文化として定着しています。 ハーブは外国の文化?と思われ がちですが、日本で「 お馴染み」のシソやミツバも実はハーブの仲間です。

挿絵

「自然の恵みのハーブ」 それは自分で育てた「おいしさ」と「癒し」を見つける事・・・家庭菜園やお部屋で「癒しの空間」を作ることができます。  まず は、簡単に出来る事から始める事が「ハーブの魅力の世界」への第1歩です。

ハーブの育て方(鉢植え)

とても丈夫で手に入りやすく、育て方も簡単なミントを紹介します。

用意するもの

  • 鉢またはプランター
  • ゴロ土(赤玉大粒か発泡スチロールを細かくしても良い)
  • ハーブの土(専用の土が売られています。)
  • 鉢底の穴を軽く塞ぐもの (ネット、大きめの石ころ、ストッキングのハギレ等)土が落ちなければ何でも結構です。
  • 苗・・・ビニールポット入りで150〜500円位・・・お近くのホームセンターですべて揃います。(予算2,000円位)

〜さあ、材料は揃いましたか?・・・(~o~) それではさっそくハーブを植えてみましょう。

挿絵
鉢底の穴を水がもれる程度に軽く塞ぎ、5分の1程度までゴロ土(軽石のようなもの)を 入れます。

挿絵
鉢に用土(ハーブの土)を半分位入れます。

挿絵
買ってきた「ハーブの苗」をビニールポットから出して根を揉みほぐしてから鉢に入れ、深さを合わせて底の土を調整します。

挿絵
ハーブの苗の周りに用土を入れるます。 【注】深植えをしないこと・・・葉が埋まらないように

挿絵
ハーブの根の部分を軽く押して安定させます。

挿絵
鉢底から漏れるまで水をやり、最初の2日は半日陰に置きます。

ハーブの育て方(特徴と手入れ)

ミントの種類は10種以上と多いのですが、よく見かけるのはスペアミントやペパーミントなど・・・多年草のシソ科で高さは10〜100cm位まであ り、立性とほふく性のものがありま す。葉に触れるだけでミントの爽やかな香りがただよいます。

ミントが好む環境は半日陰か日当たりの良いところで水はけが良く、やや湿り気のある土で土質は選びません。耐寒力があり 繁殖力も強いため地下茎で増えていきます。板な どでせき止めないと他の場所へと広がっていきますので注意してください。

「地下茎」とは根が這うように伸び進んでいくことで途中から芽が次々と出てきます。途中で切って植え替えると簡単に増え ます。ミントはいつでも葉を摘 む事が出来ますが花が咲いたら一度刈り込みましょう・・・すぐに新しい葉が出てきます。

以上のように一度植えるとほとんど絶える事はありません・・・増えすぎて困るほど、すぐに元が取れます(~_~) 基本的にハーブは野生なので、あ まり手間はかかりません〜いくつかのポイントだけ覚えれば大丈夫です♪

  • 夏にハーブが成長して、うっそうとしてきたら、込んできた枝を思い切って切る。(病害虫の原因になります)〜ミントの場合、 上から3分の1を切り取っても大丈夫です。
  • うっそうとなる前に、まめに摘み取り利用してください。
  • 夏の日差しの照り返しは床がコンクリートの場合、水を打って冷やす。
  • 寒い時期は日当たりの良い場所へ移動します。数カ所穴のあいた買い物袋をかぶせる(夜間)。
  • 背丈が伸びると倒れてきますので、支柱を立てる。
  • 水のやりすぎは失敗の原因です・・・根腐れや香りが落ちます。ミントの場合は土の表面 が白っぽく乾かない程度の水やりです。(ハーブには乾燥を好むものも多くあります。)

ハーブの育て方(害虫対策)

挿絵生きている以上、虫はつく事があります。それは植物が健全である証しです〜もし、虫をみつ けて気になる場合は、まずは殺虫剤は使わずに下記の方法 を試してください。

  • アブラムシ・・・水をスプレーして下へ落としてティッシュで取ってください。
  • ヨトウムシ・・・下にフンらしき粒があったら、いる証拠です。夜行性なので懐中電灯で照らして摘んでください。
  • オンシツコマジラミ・・・通気性の悪い所に発生します。風通しの良い場所へ移動すると勝手に逃げて行きます。

ハーブの育て方のポイント

以上で、とりあえずハーブは育ちますが、次にハーブと永く付き合うための手入れのポイントです。

  • 《植え替え》
    翌シーズンは植え替えたほうが育ちが良くなります・・・時期は春と 秋が適しています。古い根の周りの土を3分の1程度切り詰め、飛び出ている古い根を少し切る。それから新しい用土に植え替えます。(同じ鉢への植え替えは 病気予防の為、鉢を洗う)
  • 《摘芯》
    芽の先を摘み取って、わき芽が出るようにする意味。葉や枝がこんもりと茂り、形が整い、見た目も良く、収穫量も増え ます。10cmほど成長した先端をハサミで切ってください。
  • 《肥料》
    ハーブは野生なので肥料はあまり必要とせず、やり過ぎはアダとなります。ただ、あまり元気ない場合は「ハーブの肥料」とい う名で調合済みの便利なものが市販されていますので利用されるのが一番簡単です。

ハーブの育て方(肥料)

肥料の与え方は、次の3つに分ける事が出来ます。

  • 元肥・・・苗で植える時、根には直接触れないように底のほうに入れる。
  • 追肥・・・シーズン中に適度に土の上に蒔く。
  • お礼肥・・・シーズンの終わり頃、来シーズンの為に与えます。

肥料の三大要素(窒素N、リン酸P、カリウムK)。葉を育てる「窒素」、花を咲かせる「リン酸」、根を強くする「カリウ ム」・・・ミントは窒素を与えればよいと言う事になります。

今回はミントを主に紹介しましたが基本は同じです〜ほかのハーブも応用してみてください。

ハーブの育て方(おすすめの種類)

【ご家庭でも栽培しやすいハーブ】
ラベンダー・タイム・カモミール・オレガノ・レモンバーム・セージ・チャイブ・バジル・ヤロウなど・・・北海道のような寒冷地で も良く育ちます。タイムは小花がこんもりと広がるハーブですが、繁殖力が強く、雑草も駆逐して広がりますので雑草退治 には有効です。

HOME