HOME > アロマオイル使い方 へ

手作り香水の作り方 アロマレシピ

挿絵

香水の作り方はアロマオイルの香水レシピ作りから始まります。 手作り香水の材料はアロマオイルとミネラル ウォーターと無水エタノール。 アロマ香水は自然の香りと効能が魅力。 アロマオイルの各種効能を利用した香水の作り方をご紹介します。

香水の作り方

アロマ香水レシピの基本は3グループ(下表参照)のアロマオイルから1つずつ選びます。 香りと効能を考えて選 びます〜柑橘、フローラル、ハーブ、ミント系など。

手作り香水(アロマ香水)は人工香料より香りの持続時間は多少短くなります。 外出時に気になる方は携帯してご使用ください。

手作り香水 用意するもの

  • アロマオイル・・・お好み3種類
  • 無水エタノール・・・薬局にあります。代用品として蒸留酒:ウオッカ・焼酎(甲類)・ジン・ウィスキー(アルコール度数40〜45℃)※香り がきつくないもの
  • 精製水・・・代用品としてフローラルウォーター・ミネラルウォーター
  • 口の広いガラス空きビン(フタ付き)

香水総量(16〜17ml)を作る場合〜香水の量はお好みで同じ割合で配合してください。

  1. ガラス空きビンに無水エタノール5mlを入れる
  2. アロマオイル3種入れる。総量(1〜2ml)20〜40滴位
    ベース1:トップ1:ミドル1【注】同じ割合で配合
  3. 精製水10mlを加える。
  4. フタをして振り良く交ぜる。
  5. すぐには使わず、1日一回、軽くビンを振り7〜10日程寝かせてから使用してください。
  6. 出来たらスプレー容器(アトマイザー)か小ビンに移し変えてご使用ください。※ガラス容器を利用してください。※プラスチック容器は変形・変 色の場合あり

1ヶ月ほど経つとアルコールの臭いが薄れアロマオイルの香りが馴染んできます。使用期限:およそ3ヶ月間以内

iconアロマオイルの量の目安
香水(10〜40滴)、オーデコロン(10〜20滴)
iconアロマオイルの濃度(強い香り順)
香水⇒オードパヒューム⇒オードトワレ⇒オーデコロン

手作り香水ブレンドの捜し方

ティッシュ(2重)3枚を4つ折りにして、そこに3種類のエッセンシャルオイルを数滴ずつお好みの割合で垂らし鼻の前でティッシュをゆらし香りを チェックしてください♪

アロマ香水パッチテスト

キャリアオイルで薄めたオイルを1滴、腕の内側に付けて1時間ほど様子を見る〜赤くなったり、かゆくなったら、そのオイルは相性が悪いと思ってあき らめましょう。

手作り香水(アロマ香水レシピ)一覧表

アロマオイルは香りだけでなく、効能・成分も考慮すると、より効果的な「手作り香水」が作れます。

香水の作り方の基本は3つのノートから1つずつ3種類です。 香りのバランスはテストしながらお好みのアロマレシピ、配合を見つけてください。

トップノート(香り:強め)

比較的フレッシュ系が多く、イランイランやローズウッドは異性を惹きつける効果があります。

イランイラン・オレンジ・グレープフルーツ・ジュニパー・タンジェリン・ティートリー・バジル・ベルガモット・レモン・ペパーミント・マンダリン・ マジョラム・ユーカリ・ラベンダー・スペアミント・レモングラス・ローマンカモミール・フェンネル・ジンジャー・ミルラ・ローズウッド・セージ・ライム

ミドルノート(香り:控えめ)

ローズ、ジャスミン、クラリセージは異性を惹きつける効果があります。

クラリセージ・サイプレス・ゼラニウム・ローズ・ローズマリー・ジャスミン・パイン・ローズゼラニウム・シナモン・レモンバーム

ベースノート(全体の融合)

アロマ香水の香りを融合、安定化させ土台となるアロマオイルです。 シットリと深みのある香りが多く、サンダルウッドは異性を惹きつける効果があり ます。

サンダルウッド・パチュリー・フランキンセンス・シダーウッド・パチュリー・ベチバー

【注】分類は万国共通ではありません。アレルギーや妊娠中の方など人によっては不向きなオイルもあります。

HOME