HOME > アロマセ ラピー解説集

ハーブの使い方・利用法

ハーブの使い方、ハーブの利用法をご紹介します。 ハーブのドライ(乾燥)やフレッシュ (生)を利用した多彩な利用法があり、「ハーブの使い方」はとても簡単です。

ハーブ・イメージ

ハーブの使い方を覚えるとハーブの世界がより広がり、精神的にもよい影響を与えます・・・ハーブは気分転換にもおすすめ です♪

『育てたハーブは元気ですか?』・・・それでは、さっそくハーブを利用してみましょう〜♪

ハーブの乾燥

ハーブの乾燥はバラなど花を利用したい場合は茎から花だけを摘み「ざる」などに入れて干します。 ラベンダーやミントなど葉 や茎もいっしょに利用する場合は手にひとつかみできる量を細紐でしばり、切り口を上に向けて吊るします。

ハーブは乾燥すると葉などの抵抗がなくなり、ゆ るんで床に抜け落ちる場合がありますので、輪ゴムで茎を締めると乾燥しても落ちづらくなります。

吊るす場所は直射日光は香りが飛んでしましますので避けてください。 『半日陰』で風通しのよい涼し気なところで乾燥させて ください。

レンジなどを利用したインスタントな方法もあり装飾としての利用では結構ですが、香りと成分が壊れない自然乾燥をおすすめし ます。 完成する までの日数は気候・地域により違いますが1週間程度で「パリパリ」になると思います。

ハーブの保存

乾燥させたドライハーブは、できるだけ原型のままで保存しましょう・・・粉々になると香りが早く飛んでしまいます。 保存は ビニール袋は避けて通気性のある紙袋や新聞紙などを利用してください。

密閉性が高いと、わずかな水分でもカビが発生する可能性があります。 消費期限は 香りを失うまで・・・最大、翌シーズンまで長持ちします。

ハーブの使い方・利用法

冷たいハーブのおしぼり

ハーブ利用例1夏にオススメ♪ 「スッキリ!ミントの香り」

熱いおしぼりを絞ってミントの葉を中に挟み、冷蔵庫で冷やします。 または、タオルを水で絞ってミントの葉を中に挟みレンジでチンしてから冷蔵庫で 冷やします。

ハーブワイン

ハーブ利用例2香りがとても良く、スッキリした味わいです。

白ワイン(安いもので充分)の中にミントの葉を入れます。

ハーブティー

ハーブ利用例3朝の目覚めを爽やかに〜(ミント・ティー)

フレッシュなミントの葉を2〜4枚、ドライの場合はティースプーン1〜2杯を温めておいたティーポットにハーブを入 れ熱湯を注ぎます。 フタをしてから5〜6分そのままにして侵出させます。

カップは温めておいてください。 お好みで砂糖、レモン、はちみつを入れてもおいしく頂けます♪・・・日本茶の入れ方と変わりませんので お気軽におためしください。

ハーブティーは色々なブレンドが可能です。 他のハーブとの組み合わせや市販の紅茶な色々試して、貴方だけのオリジナル・ティータイムを発見してく ださい♪

ミントに合うパートナー

  • レモンティー・煎茶・ライムソーダ−・オレンジジュース・レモンスカッシュ他

ハーブティーに利用出来るハーブ

  • ハーブの葉・・・ミント・レモングラス・レモンバーム・ローズマリー・ヒソップ・マジョラム
  • ハーブの茎(くき)・・・オレガノ・タイム・レモンバーム・レモングラス・セージ・バジル・リンデン
  • ハーブの花・・・ラベンダー・カモミール・ポットマリーゴールド・ローズレッド・マロウ・ハイビスカス

ドライハーブの作り方・・・3日〜1週間位、日陰で自然乾燥させ、更にオーブンで焦がさないように乾燥させます。

ハーブバス(お風呂)

ハーブ利用例4汗ばんだ体をスッキリさせます。(ミントの場合)

入浴前にハーブの茎ごと束ねて浴槽に入れます。 香りと成分が飛ばないうちに早めに入浴してください。片手に軽くつか める程度の量で結構です。フタを少しの間、しておくと効果的です。

使用出来るハーブは口に出来るものなら大丈夫です。ハーブはフレッシュ、ドライど ちらでも構いませんが、あとの掃除を考えるとフレッシュのほうが楽です。

ドライの場合は適当な布製の袋かネツトに入れてください。ドライハーブは鍋で一度、香りが出るまで煮出ししてから、濾し て浴槽に入れる方法もあります。

おすすめハーブ・・・ ミント、レモンバーム、ラベンダー、カモミール、ローズマリー

ハーブピロー(枕)

ハーブ利用例5リラックスして安眠を誘います。

ドライのハーブを20×10cm位のネット状の袋に入れて枕の中に忍ばせる。 袋の厚みは薄くした方が枕の高さを あまり変えずに済みます。

ミントは夏などスッキリしますが、他のハーブも利用出来ます・・・個々のハーブの特徴と貴方のお好みで選んでください♪

【注意するポイント】人にはそれぞれ体質がありま すので使用後、体の不調やしっしん、アレルギーなどの症状が表れた場合は、すぐに使用を止めてください。

HOME